静岡会計事務所

新型コロナウイルス緊急資金繰り対策について

代表写真

未来の地域を支える企業を、
財務の視点でバックアップ。

財務のプロフェッショナルとしての多くの経験を活かし、経営者様に寄り添いながら、企業が次のステージへと成長するサポートを行います。まずはお気軽にご相談ください‼

frag

SERVICE

【サービス内容】

「毎月訪問」だからできる徹底サポート!!

財務の参謀としてビジネスの成長をお手伝い。

静岡会計事務所は静岡市及びその近隣地域を主な業務エリアとして活動しています。
お客様の元に定期的に訪問し、最新の経営成績や財政状態をお伝えするとともに、
経営の意思決定に役立つ情報のご提供やアドバイスを行います。
また、経営に役立つ会計データを即時に入手できる体制を整えるための会計システム等の導入も含め、
お客様に寄り添い長期的に支援します。

経営相談

会計・税務処理の相談だけでなく、資金繰り、資金調達、コスト削減など財務体質の改善、組織の見直し、業務改善(業務フローの改善含む)など経営管理に関する相談に応じます。

毎月訪問

顧問サービス

advisory contract

創業・独立の支援

新設法人や個人事業主として新たに事業を始めるにあたり、状況に応じて適切な支援をいたします。たとえば創業準備段階など早めにご連絡いただいた方が、効率的かつ効果的に支援できます。

会計・税務・決算に
関する業務

毎月、巡回監査を実施します。決算時は、決算の巡回監査を実施します。また、節税に関する提案なども含め、税務支援をします。さらに、税務申告書の作成を行います。

税務申告書への
書面添付

税理士が関与先の税務申告書に対して、一定の保証をする書面添付を行います。これにより、税務署及び金融機関などから決算書を含む税務申告書の信頼性がアップします。

会計システム等の
導入支援

財務会計システムだけでなく、販売購買管理システムや給与計算システムなどの導入支援をいたします。ITを活用して、管理業務を効率的に行えるよう提案・支援いたします。

経営計画の策定支援

金融機関提出のためや自らの経営管理のためなど、3年から5年の経営計画の策定を支援いたします。売上高や利益だけでなく、資金繰りも含め、対策を検討することができます。

都度訪問

個別サービス

single service

事業承継対策

事業承継計画書の策定を支援します。さらに、計画の実行段階において必要なアドバイスをいたします。策定した計画をいかに実行するかがポイントだと思います。

税務調査の立会い

税務署等による税務調査が行われる場合、税務調査の現場へ立会います。事業の規模や過去の調査結果などによりますが、統計的には10年に一度程度、税務調査が行われます。

保険指導

事業にとって必要な保障額を計算し、生命保険等のアドバイスをいたします。自らのリスクを適切にカバーする保険に加入することが望まれます。

経営革新等
認定支援機関事業

当事務所は、公認会計士として認定経営革新等支援機関に登録しています。経営改善計画や早期経営改善計画の策定やフォローアップを支援いたします。

TKCシステムのフル活用を支援します。

当事務所では(株)TKCの提供する会計システム(FXシリーズ)等の導入を推奨しています。
経営に役立つ即時性のある情報の入手に最適なツールです。

巡回監査士バッヂ

TKCモニタリング情報サービス

「TKCモニタリング情報サービス」は、TKC全国会会員である当事務所が毎月の巡回監査と月次決算を実施したうえで作成した月次試算表、年度決算書などの財務情報を、関与先企業の経営者からの依頼に基づいて、金融機関に開示する無償のクラウドサービスです。関与先企業様の事務負担が軽減されるうえ、信頼性の高い決算書等のタイムリーな提供により、金融機関からの関与先企業に対する信頼性が向上し、関係強化につながります。なお、TKCモニタリング情報サービスは、TKCの財務会計ソフトを利用中の関与先企業がご利用になれます。

税務申告書の作成と提出など

税理士法第33条の2第1項に定める書面添付を行います。

当事務所は、正しい申告と適正な納税を支援することを信条としております。貴社の実情に合った選択可能な方法を、経営者に提案し適法な節税対策を実施します。また、原則として、関与3期目からは、「基本約定書」を締結いただき、「税理士法第33条の2第1項に定める書面添付」を行います。書面添付制度とは、法律(税理士法第33条の2)に定められている制度で、企業が税務署に提出する税務申告書の内容が正しいことを、税理士が書面に記載し、申告書に添付する制度です。書面添付を行うことにより、申告書の社会的信用力が高まります。

「記帳適時性証明書」を発行します。

金融機関は中小企業への融資において、決算書データを使用した審査を行います。そのため、その決算書の信頼性について大きな関心を持っています。決算書の信頼性は、「記帳適時性証明書」により確認することができます。「記帳適時性証明書」には、以下の事実が記載されます。

  1. 当事務所による巡回監査と月次決算、そして年次決算の実施日
  2. 決算書の利益と法人税申告書の利益が一致している事実
  3. 「中小企業の会計に関する基本要領」(又は中小指針)への準拠性
  4. 中期(または短期)経営計画策定の有無
  5. 自計化システム(FXシリーズ)の利用の有無
  6. 税理士法第33条の2に基づく書面添付の有無
  7. 当事務所が「経営革新等支援機関」に認定されているかどうか
  8. 株式会社TKCによる会計データの改ざんにつながる追加・訂正・削除がないことの第三者証明

こんな方はぜひ一度、悩まずにご相談ください。

カウンセリングイメージ

社員も
増えてきたので、
そろそろ
経理を整えたい!

カウンセリングイメージ

業績アップのための
経営アドバイスが
ほしい!

カウンセリングイメージ

金融機関や
得意先からの
信頼度をアップ
させたい!

カウンセリングイメージ

経理を効率化して、
もっと経営に
集中
したい!

frag

GREETING

【ごあいさつ】

分からないのが当たり前。

当事務所は「挑戦する企業の経営サポーター」として、経営者のみなさまの様々な悩みを解決する会計事務所です。会計・税務は、複雑で知識を得る機会は少ないため、分からないのが当たり前で結構です。分からない点は丁寧に説明しますので、遠慮なく「分からない」とおっしゃってください。当事務所では、毎月訪問し、月次決算の支援や経営のアドバイスをすることで、黒字化支援、財務経営力の強化支援に取り組んでおります。また、税理士が税務申告書へ一定の保証をする「書面添付」に取り組んでおります。これにより、税務署や金融機関から税務申告書を含む決算書の信頼性がアップし、税務調査の省略や金利の低下などのメリットを得られる可能性があります。当事務所がご支援しますので、是非、一度お問い合わせください。

静岡会計事務所 代表
大池源之

代表写真

代表プロフィール

大池源之(おおいけもとゆき)

静岡会計事務所代表。公認会計士、税理士。島田市出身。2児の父。
2001年有限責任監査法人トーマツに入社。18年勤務し、スタートアップ企業から公開企業まで、主にIT系企業を担当。2019年独立。日本公認会計士協会東海会会員、東海税理士会会員、TKC全国会会員。

frag

IDEA

【経営理念】

価値あるサービスを提供する。

静岡会計事務所は、付加価値が高いとクライアントに感じていただけるよう、
サービスを提供していきます。

news

NEWS一覧へ

〒422-8067 静岡市駿河区南町3-12-205 電話:054-207-7666 FAX:054-207-7221

お問合せ

page
top